[新感覚]つくるんですのウッドパズルの口コミ、コツ[作ってみた感想]

  • 2020年8月16日
  • 2021年5月6日
  • 生活
  • 788view

時間忘れて没頭したものはありませんか?

この記事ではつくる楽しさを体験できるつくるんです「ウッドパズル」の解説をしていきます。

 

  • つくるんですのウッドパズルって何?
  • どんな人におすすめか?
  • 実際作ってみた人の感想を知りたい

 

こんな疑問を持つ方に向けてかいていきます。

 

本記事の内容
  • メリット、デメリット
  • つくってみた感想
  • 失敗をさける選ぶポイント
  • ウッドパズルに関するよくある質問
  • 初心者の方におすすめな商品
初心者の方でも簡単とは言えないですができます。
ウッドパズルを4つ作成し、3つ完成することができました。
わたしがプラモデルなどはまったくやったことがなかったのですが、けっこうなクオリティーで完成することができました。
こんな方におすすめ!
  • 細かい作業が得意
  • 時間が取れる
  • なにかに没頭したい

[新感覚]作るんですのウッドパズルが面白い[作ってみた感想]

結論からいうとウッドパズルは、細かい作業が好きな方におすすめできます。

お手頃でクオリティーが高く、お部屋のインテリアとしても映えると思います。

つくる楽しさを体験しよう!

つくるんですとは

ウッドパズルやミニチュアハウスをつくることでつくる楽しさを体験できるキッドです。
海外製で新感覚のウッドパズルから理想のミニチュアハウスをつくることができます。
つくっても楽しく、完成しても眺めて楽しめる2度おいしい製品です。
種類は2種類あります。
  • ウッドパズル
  • ミニチュアハウス

ウッドパズルとは

出典:つくるんです公式サイト
部品はすべて木でできていて、ボンドや接着剤を使わずに組み立てていきます。
3Dパズルで細かいパーツどうしを、説明書をみながらコツコツと組み合わせていきます。
バリエーションが豊富で、難易度やデザインを選ぶことができます。

ミニチュアハウスとは

出典:つくるんです公式サイト
種類に合わせてご自分な好きな配置に家具やインテリアの配置ができ、理想の一部屋を完成することができます。
この記事はウッドパズルに焦点をあてていきます。

ウッドパズルの創作時間

人によると思いますが初心者の自分は、難易度★★★で4~5時間かかりました。
時間を多めに確保することをおすすめします。

パッケージ

開封するとこんな感じ

内容

  • 説明書
  • 部品板4枚
  • 紙やすり1枚

 

メリットデメリット

メリット

  • できていく過程が楽しい
  • ウッド調の洗練されたデザインが美しい
  • 部品がぴったりはまっていく感覚が気持ちいい
  • 時間を忘れて没頭できる

一つひとつ解説していきます。

 

メリット①:できていく過程が楽しい

コツコツ作業できてモノ作りが好きな人は、間違いなく楽しめると思います。

少しずつできていく過程を楽しんでください。

 

 

 

メリット②:ウッド調の洗練されたデザインが美しい

価格が安いですが、見栄えの完成度が高く、ちょっとしたインテリアに最適です。

クリアケースに入れたり、なんでもないささいな空間におくとおしゃれです。

 

メリット③:部品がぴったりはまっていく感覚が気持ちいい

若干はまりにくいところがありますが、フィットするようにできて木と木がぴったりはまると気持ちいいです。

完成度を高めるためにも、重要なポイントになってくるので見てみてください。

 

メリット④:時間を忘れて没頭できる

とりあえずなにも考えず何かに没頭したときはありませんか?

 

そんなときにウッドパズルに集中すると、無心になれるのでおすすめです。

適度に休憩をはさみながらやると、効率的にできます

 

 

デメリット

  • 説明書が絵のみでわかりにくい
  • 部品が細く折れやすい
  • 目が疲れる
  • 小さい部品やとがった部品があるので小さいお子様がいらっしゃる方は注意

デメリットもひとつずつ解説していきます。

 

デメリット①:説明書が絵のみでわかりにくい

海外製ということもあり、説明書は詳しい説明文はなく絵のみになります。

絵をみながら、細かい部分を自分で解釈する必要があります。

 

とわいえ、パズルなので思考力が鍛えられると思います。

 

デメリット②:部品が細く折れやすい

部品の強度が弱く、力を入れすぎると簡単に折れてしまします。

ボンドなどでつけることもできますが、大幅に折れてしまったり、重要部分がぽっきりして修正不可になる場合もあるので気をつける必要があります。

 

リアル失敗談

重要部分の部品が破損して、完成することができませんでした。

無理にはめようとせず、やさしくかつ丁寧にはめていくことをおすすめします・・・。

 

 

デメリット③:目が疲れる

かなり小さい部品もあるためずっと近くを見ることになります。

イッキに終わらせることは難しく、適度に休憩をはさみながら行ってみてください。

 

 

デメリット④:小さい部品やとがった部品があるので小さいお子様がいらっしゃる方は注意

素材が木材なので、やすりにかけないと危ない部分などがでてくるので小さいお子様がいらっしゃるご家庭は注意が必要です。

高い位置に保管するやお子様の手の届かないところに保管してください。

 

率直な感想

種類や難易度によって作業工程や部品の量がけっこう変わります。
自分のレベルやかける時間にあわせて商品選びが重要になってきます。
お子様の課題などでやる場合は、難易度低めなどで小さめのものがおすすめです。
対象年齢が12歳とかいてありますが、一人で完成させるのは難易度高いと思います。
親子で一緒にやるなどして、完成を目指すものだと思われます。
プラモデル未経験の自分でも完成できたので、大人の方におすすめできます。
それに、説明書は絵だけで解読する必要があり、小さな穴や配置を細かくみる必要があります。

作るコツ

  • 部品番号を間違えない
  • 向きや部品の細部に注意し、説明書通りに進む
  • きっちりはめるところははめる

一つひとつ解説していきます。

部品番号を間違えない

部品に一つひとつ番号がふってあります。

その番号を頼りに作成していきます。

似たような細かい部品があるので番号を間違えないようにしてください。

 

向きや部品の細部に注意し、説明書どうりに進む

向きが決まっていて表裏があります。

間違えるとそこまでもどる必要があり、面倒なので模様や柄を細かくチェックして進みましましょう。

 

きっちりはめるところははめる

部品を接地させる部分をしっかりはめることで理想の形になります。

ちゃんとはめないと崩れてきたり、見栄えが悪くなるので気をつけましょう。

 

本当に接着剤は必要ないか?

説明書通りに進めば接着剤は必要ありません。
部品がおれた、壊れたなどのトラブル意外は必要ありませんでした。

完成したらどんな場所が適しているか?

触ると壊れやすいので、安定している場所やクリアケースがおすすめです。

失敗をさける選ぶポイントは

ポイントは2点だけ!

  • 自分に適したレベルであること
  • ピースの数はいくつあるのか

一つひとつ解説していきます。

 

自分に適したレベルであること

ウッドパズルは難易度を★でしるしてあり、お好みの難易度が選べます。

星が増えるごとに難易度が上がっていきますでの、初心者は★三つくらいがおすすめです。

 

ピースの数はいくつあるのか

必ず全体のピース数がしるしてあります。

ピースが増えるごとに作業量が増えます。

難易度★★★と書いてあっても、ピースの数でさらに細かい作業量が見えてくるので参考にしてみてください。

 

≫ウッドパズルを見てみる

写真コーナー

パッケージ表面

 

作業途中

 

 

種類

新感覚3Dパズルを組て立てよう!
気球 難易度★★★

ピアノ 難易度★★★


飛行機 難易度★★★

馬車 難易度★★★

ドールハウス リビングルーム
こちらはドールハウスで人気商品の一つです。

まとめ

  • 初心者の方でもできる
  • このクオリティーで1000円前後で作れるので、コスパがいい
  • 種類がたくさんあって難易度で選べる
  • 説明書が見にくく、自分で解読する必要がある
  • インテリアとしてはすごく映える

ヽ思い出そう作る楽しさを/

≫公式サイトで見てみてる

≫Amazonで見る

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク