【ニルス、ボルゲンソン賞受賞】エルサ・ベスコフのペレのあたらしいふく【解説】

自分で考える、ものの大切さ、人とのつながりが絵本に。

エルサ・ベスコフの「ペレのあたらしいふく」が気になる人向けに解説していきます。

本記事の内容

あらすじ、デザイン、みどころ

エルサベスコフの絵本にはまり読みあさりました。

すてきな絵本ですので、ぜひみてみてください。

エルサ・ベスコフのペレのあたらしいふく【解説】

エルサ・ベスコフの絵本は20カ国以上に翻訳されています。

発売から50年はたっており、世代をこえて語り継がれています。

 

エルサベスコフとは

スウェーデンの国民的絵本作家で、絵本は世界20カ国以上に翻訳されている世界でも有名な絵本です。

6人のこどもを育てながら書いた絵本は33冊あり、絵本のモデルは自分のこどもたちです。

北欧がすきな方はぜひ手にとってみてください。

詳しくはこちら↓

【50年以上愛される】エルサ・ベスコスのおすすめ絵本【7選】

ペレのあたらしいふく

スウェーデンの最高賞「ニルス、ボルゲンソン」賞を受賞!

対象年齢:4歳~

自分で読むなら:小学生低学年から

あらすじ

成長したペレは服がちいさくなり新しい服が必要です。

飼っていた子羊の毛でいろいろな人の力をかりて、服を完成させるお話。

いろいろな人のつながりや自立心が芽生える話。

サイズ:24×32cm

ページ数:15ページ

出版社:福音館書店

発売:1976年2月3日

翻訳:おのでらゆりこ

見どころ

  • 自分で考える
  • わかりやすい展開
  • ものの大切さ

ひとつひとつを深堀りしていきます。

自分で考える

主人公ペレは、自分の服が小さくなったこと気づき、なんとかして新しい服を作ろうとします。

ペレが飼っていた羊の毛をかり、服を作ろうと考えました。

自分の力だけでは、服は完成せず、まわりの大人たちに頼みます。

大人はもし○○をしてくれるなら、引き受けようと提案してくれます。

それにこたえるためにペレは一生懸命はたらきます。

わかりやすい展開

自分の服を完成させるために大人とのやりとりが繰り返されます。

例えば「糸を編んでくれない?」と頼むと「牛のばんをしてくれたら編んでもいい」と提案されます。

このやりとりが5回つづきます。

繰り返されることによって服が完成に近づきます。

 

物の大切さ

自分で苦労して作った服に愛着がわきますよね。

服ができる上がるまでに7工程の作業があります。

毛をくれた羊にお礼をいう場面があり、物の大事にしたいと思える作品。

 

デザイン

この作品の前に出版された「もりのこびとたち」という作品で非現実すぎると批判を受け、この作品では現実的な絵本はしたといわれています。

エルサ・ベスコフの絵本は、ファンタジー要素がつよい作品が多いので「ペレのあたらしいふく」とのギャップがわかります。

スウェーデンの大自然をバックにした美しい絵は、スウェーデンそのものと絶賛されています。

ぜひチェックしてみてください。

まとめ:風景はスウェーデンそのもの

  • ペレは自分の服をいろんな人の手をかりて完成するストーリー
  • ものの大切さや人とのつながりが描かれた絵本

 

関連記事

エルサ・ベスコフのラッセのにわでを【解説】

【北欧】エルサ・ベスコフのマグカップが素敵すぎる!【ギフトに最適】

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク