ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん【解説】

森で出会ったのは、ブルーべリーのおうさまでした。

出典:ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん

本記事の内容

あらすじ、みどころ、どんな人におすすめか?

エルサ・ベスコフの作品にハマり、よみました。

どんな人におすすめか?

  • あたたかい、わくわくする絵本がいい
  • ハッピーエンドをのぞむ
  • ファンタジーが好き

ぜひチェックしてみてください。

ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん【解説】

「ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん」は世界傑作絵本の作家「エルサ・ベスコフ」が手がけた絵本です。

ブルーベリーとこけももの妖精たちとの出会いで、プッテは夢のような体験をします。

エルザ・ベスコフのファンタジーな世界観がぎゅっと詰まった一冊。

エルサ・ベスコフとは

スウェーデンの国民的絵本作家で、絵本は世界20カ国以上に翻訳されている世界でも有名な絵本です。

6人のこどもを育てながら書いた絵本は33冊あり、絵本のモデルは自分のこどもたちです。

北欧がすきな方はぜひ手にとってみてください。

詳しくはこちら↓

【50年以上愛される】エルサ・ベスコスのおすすめ絵本【7選】

あらすじ

もうすぐお母さんの誕生日。

プッテはおかあさんのために、森でブルーベリーをつんでプレゼントしようと考えます。

ところがブルーベリーの木がみつかりません。

そんなときちいさな妖精「ブルーベリーの王様」に出会います。

王さまの子供たちとブルーベリーがりをするお話。

ぺージ数:36ページ

サイズ:24×32cm

対象年齢4歳~

自分でよむなら小学生低学年から

出版社:福音館社

訳:小野寺百合子

3つのみどころ

  • おうさまとの出会い
  • こどもたちとの出会い
  • こけももとの出会い

おうさまに出会い

森でブルーベリーをさがしていたプッテは、なかなかみつかりません。

とつぜんあらわれてちいさなおうさま。

「なくんじゃない」と話しかけたくれたおうさまは、ブルーベリーが実っている木まで案内してくれるといいます。

こどもたちとの出会い

出典:ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん

ブルーベリーの王様に案内されると、ブルーベリーの帽子をかぶったこども7人がいます。

くちや服には青い汁がついてます。

こどもたちと一緒にブルーベリーがりをします。

ブルーベリーがかごいっぱいになりました。

 

こけももかあさんとの出会い

こけももかあさんのところに行きました。

こけももかあさんとこどもたち5人は、こけももはちみつをつくるのにこけももをみがいてました。

こけももはちみつをみんなで食べました。かごにいっぱいコケモモくれました。

出典:ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん

デザイン

ブルーベリーとコケモモをモチーフにされ、おそろいのコスチューム。

ブルーベリーが男の子、こけももが女の子。

素敵な世界観にあなたもくぎづけになるでしょう。

出典:ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん

 

まとめ

ブルーベリーもりで出会ったブルーベリー家族とこけもものふしぎなストーリー。

エルサ・ベスコフの世界観がそのままに。

迷ったら手にとってみてください。

 

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク