海外ドラマ「ボーンズ」の7つの魅力【見だしたらとまらない】

  • 2020年9月28日
  • 2021年3月19日
  • ドラマ
  • 313view

海外ドラマ「ボーンズ」は、事件の構成、テンポ、キャラ立ちがトップクラスです。

 

12シーズンつづいた大人気ドラマ「ボーンズ」の魅力を解説します。

「24」や「メンタリスト」と並ぶくらいの人気ドラマで、ミステリーで目が肥えたひとでも楽しめる本格ミステリーになっています。

三周くらい見たので記事にしていきます。

それではさっそくいきましょう。

 

海外ドラマ「ボーンズ」の7つの魅力【見だしたらとまらない名作】

ストーリー

天才法人類学者テンペランス・ブレナンと敏腕FBI捜査官シーリー・ブースがタッグを組み、難事件を解決するストーリー。

異色のコンビでわりとライトに見れるサスペンスです。

骨をもとに事件を解決に導くいままでにない切り口です。

それに主人公を取り囲む、天才科学者たちにも目が離せません。

全246話

※ただしすごくグロいのでご注意を。日本ではモザイクものの死体が普通にできます。

≫海外ドラマBONESはどのくらいグロいのか?【結論:トップクラス】

ボーンズが面白い7つの理由

  • 本格ミステリー
  • 理系女子とFBI捜査官の純愛も目が離せない
  • テンポが最高にいい
  • つわものぞろいのレギュラーメンバー
  • とにかく豪華俳優陣
  • ジョークやぶっとんだ発言が多く、ライトに見れる
  • 主人公ブレナンがぶっとんでいる

一つひとつ解説していきます。

本格ミステリー

すごくリアルに描いた死体や精密最新機械で現代にそったストーリー。

一回として同じ事件はなく、チョコレートの中や光る死体など視聴者を飽きさせない展開。

目の肥えたサスペンスミステリー好きも面白い展開満載です。

理系女子とFBI捜査官の純愛も目が離せない

美男美女で相手には困らない二人ですが、ゆーくり関係性が変わってくるところも見どころです。

主人公の成長や気持ちの変化が詳細に描かれていて、感情移入しやすいと思います。

 

テンポが最高にいい

主人公テンペランス・ブレナンは頭脳明晰で骨からの違和感や傷の経過ぐわいで結果から事件を解決に導く。

相棒シーリーブースは、デカ特有の勘や直感、経験から事件をとく。

真逆ともいえる2人が組み、点と点が結ぶまでのテンポが最高にはやく仕事が早い。

見だしたらやめどきがわからなくなります。

海外ドラマ「BONES」の面白い回8選【見ないと損】

つわものぞろいのレギュラーメンバー

テンペランス・ブレナン骨のスペシャリスト
シーリー・ブースFBI捜査官上位5%の敏腕デカ
カミール・サローヤン病理学のスペシャリスト ラボのボス
ジャックホッチンズ虫、植物、土のスぺシャリスト
アンジェラ・モンテネグロ身元復元のスペシャリスト 機械も得意
ザック・アディーブレナンの助手で骨のスペシャリスト
ランス・スイーツFBIで心理学のスペシャリスト

詳しくはこちら↓

≫[神回]海外ドラマBONES(ボーンズ)のおすすめ回

 

とにかく豪華俳優陣

主演ブレナン役 エミリーデシャネル

父は監督、母と妹は女優のハリウッド一家に生まれる。

妹はズーイー・デシャネルで数多くの作品で活躍。

ボーンズのドラマで共演する。(従妹役)

 

ブース役 デヴィッド・ボレアナズ

「バフィー~恋する十字架~」のエンジェル役でブレイク。

主演のエミリーデシャネルとも仲がよく、家族の一員のようと述べている。

カミール役

海外ドラマ「LOST」などでドラマでゲスト出演する実力派俳優。

ジャック役 T・J・サイン

ブロードウェイの舞台俳優で座長を務めていた。

ドラマ「24」や「フレンズ」などのゲスト出演する実力派俳優。

ザック役 エリック・ミレガン

同じくブロードウェイの舞台俳優で世界を飛び回る。

アンジェラ役 ミカエラ・コンリン

アイルランド系アメリカ人と中国人のハーフ。

小さいころから俳優をしていて、アンジェラ役をオーディションで勝ちとる。

スイーツ役 ジョン・フランシス・デイリー

俳優、音楽、プロデューサーと幅広く活躍。

小さいときから俳優をしていて、父はRFデイリーでプロデューサー。

ジョークやぶっとんだ発言が多く、ライトに見れる

主にムードメーカーのブースをはじめ、レギュラーメンバーがユニークでライトに見れる。

もちろんブレナンの過去やレギュラーメンバーの過去などの暗い部分にピックアップすることもあるのですが、仕事を意欲的に取り組んでいて楽しんでいる姿が拝めます。

仕事現場でもプライベートの話が頻繁にでてきて、仕事とプライベートの境がありません。

心理学の博士号のスイーツが加わったことで、よりいっそ面白い展開になります。

[海外ドラマ]ボーンズのランス・スイーツの人物紹介[まるわかり]

主人公ブレナンがぶっとんでいる

人間と接するより骨とかかわる方が得意

問題発言や犯人に向かって銃で発砲、容疑者をなぐったりでしっちゃかめっちゃか。

学生時代から骨一筋だったブレナンは、人との関わりや過去のトラウマから人に心を閉ざしていた。

ブースとかかわることで人間とのかかわりを学んでいく成長ストーリー。

法人類学者で作家のシャリー・ライクスがモデルで実在する人物。

[これだ!]海外ドラマ「ボーンズ」のシーリー・ブースのおすすめ回20選

 

 

まとめ

  • リアル本格ミステリーで面白い
  • ライトに見れる
  • キャラクターがキャラだちしていて個性豊か

 

海外ドラマはU-NEXTでご覧いただけます

≫U-NEXTの料金は?あわせて使い方も解説

 

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク